奈良県橿原-今井町

かつて「大和の金は今井七分」といわれるほど繁栄した、重要伝統的建造物群保存地区「今井町」。
東西600m、南北310m、周囲に土居を築き、江戸時代には1100戸数4000人以上の町人・商人が住んでいたという。寺を中心とした城塞都市の形態を整え、南大和最大の在郷町となった。

そして現在、飛鳥川の橋を渡るとそこはタイムスリップした江戸時代の町並み。重要文化財の商家をはさみながら人々のひっそりとした暮らしが垣間見られる。



←Back Next→