伊勢 河崎

伊勢・河崎は水運を利用して江戸時代に問屋街として栄えた町。当時伊勢詣での参拝客で
賑わった伊勢門前町に米や魚、物資を運ぶ川の港として成長した。
この街には、往時をしのばせる蔵や商家・町家の切妻屋根が並び、現在の人々の暮らしの中に
昔町としての風情を垣間見ることができる。昔の蔵や町家を改築した店も点在するが、
保存された観光地というよりも、どこか生活の匂いがある町だ。



←Back Next→