瀬戸内海 鞆の浦

瀬戸内海のほぼ中央に位置する鞆の浦は、我が国最初の国立公園のひとつに指定された景勝地。
古来から潮待ち風待ちの港として栄え、南北朝の古戦場跡や古刹旧跡、江戸時代の廻船問屋や
明治時代の豪商の建物などが今もなお残り、昭和レトロな町並みをベースとしながら
独特の風情を醸し出している。ここではまるで時が止まったような錯覚すら覚える。

町は各地でいろいろと訪ね歩いてきたが、これほど人々の暮らしと歴史的は建造物が
なんの違和感もなく調和しているように感じるられる場所は、珍しい。
町に住む人々に言わせれば、通りも狭く古い建物ばかりで住みにくいと不便がられているかも
しれないが、通りすがりの旅人としてはとても郷愁に誘われる町だ。
また昔町にこだわる写真好きの好奇心をくすぐられる。


鞆の浦港
←Back Next→